エンジニアの働き方と定年退職

派遣のIT技術者が、一般的な企業で定年退職の年齢まで働く事は大変困難な状況です。従って、コンピューターの技術職では一定の年齢に達した際に独立して働く方が増えています。派遣社員の場合は、特定などの形式で正社員として雇用されるケースが多く見られます。

しかし、将来的に安定したキャリアを築く上では、派遣社員として働いている間でも幅広い分野のスキルを身に付けていく事が肝心です。IT業界は人材の入れ代わりが激しく、絶えず新人が採用される状況です。その為に、技術者として長年にわたり培った技術と最新の技術の両方に精通している事が、雇用を安定させる秘訣となります。しかしながら、他の業界と比較した場合、定年を迎えるまで企業に在籍する事は難しくなるために、複数の技術を身に付けて将来に向けて対応する事が求められるのです。特に、IT関連のエンジニアは三十代からマネジメント的なポジションにつくことが一般的です。よって、企業内で働く場合はマネジメントスキルを身に付けることが要求されますが、この時期には定年退職を見据えての準備を始める事が重要です。

特に、エンジニアは三十代後半での独立が目立ち始めます。これは仕事量の多さに対して給与が希望条件に満たない場合や、昇進が見込めない等の理由が大半です。そのため、三十代から技術者としての独立や他業種への転職等のキャリアパスを構築した上で、専門性の高い知識を身につける事が重要です。

カテゴリー:

パーマリンク

2017年4月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近のコメント