IT派遣エンジニアが転職を考える

派遣でIT関係の仕事をしている人は非常に多くいます。派遣社員というと、正社員と比較をするとボーナスや交通費の支給がない、保険が薄い、色々と不安定であるなどのデメリットがあり、正社員に転職をしたいと考える人も多くいます。しかし、転職のためには常に自分の技術を磨き上げ、新しい職場でも即戦力となれるように勉強も欠かさず行う必要があります。

派遣社員として働くことにも幾つかのメリットがあります。まず自分の存在がその職場にとって不可欠であり、抜けられると困ると相手が考えているのならば給与の交渉が容易です。正社員の場合、会社と待遇や配置に関する交渉は行いにくいのですが、派遣の場合は正社員と異なり会社との間に仲介会社がいるので、交渉は仲介会社経由で行えます。そのため正社員より交渉がしやすく、実際に給料が上がるケースも大変多くあります。また正社員はずっと同じ会社、同じ現場で働くと同じような案件しか取り組めずに経験も積みにくいです。そして労働環境が悪い場合も、そこから離れるのは一筋縄ではいきません。しかし正規雇用でなければ、自分で自分が働きたい現場を選びながら働くことができます。プロジェクトによっては、どう考えてもうまくいかないようなものにぎりぎりの時間で取り組むなど問題があるものも多いです。そういった仕事が避けられるのが非正規の魅力と言えるでしょう。また、IT関係の技術者というのは技術力がストレートに評価をされる仕事でもあるので、自分の能力次第で収入をどんどん伸ばすことも可能です。

カテゴリー:

パーマリンク

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント